大阪 松井市長 “東京五輪・パラ 2024年に延期を交渉すべき”|日本維新の会はいつもフライング

注目のニュース

大阪 松井市長 “東京五輪・パラ 2024年に延期を交渉すべき”

1年延期され、ことし夏に開かれる東京オリンピック・パラリンピックについて、大阪市の松井市長は「国内のワクチン接種を夏までに終えるのは不可能だ」と述べ、2024年に延期すべきだという考えを示しました。
新型コロナウイルスの感染拡大で、史上初めて1年延期された東京大会は、オリンピックがことし7月23日、パラリンピックが8月24日の開幕に向けて準備が進められています。
これについて、大阪市の松井市長は「コロナはまさに未曽有の事態で、最悪なのは大会が中止され、なくなってしまうことだ。2024年に開催を予定しているパリも準備が非常に厳しくなっていると思う」と述べ、中止となることを避けるため、東京大会を2024年に延期すべきだという考えを示しました。
そのうえで「国内のワクチン接種を夏までに終えるのは不可能だ。コロナ後にみんなで祝えるオリンピックにするためにも、IOC=国際オリンピック委員会に日本国として交渉するべきだ」と述べました。
また、2025年に大阪・関西万博が開催されることを踏まえ「24年にオリンピック、25年に万博となれば、コロナ後の成長や経済復活が一つの目標となり、いいのではないか」と述べました。

大阪 松井市長 “東京五輪・パラ 2024年に延期を交渉すべき” | 新型コロナウイルス | NHKニュース

インプレッション|諸説あり

東京オリンピック・パラリンピックの延期の情報は昨年末からSNSで拡散がはじまりました。
既にIOCから政府に通達があり、与党、電通と情報は共有していると。
政府サイドは丁寧に事前調整をするため、この手の情報は水面下で進められます。
どこの会社も同じだと思います。
事前調整なしに公式の会議にいきなり提案されても何も決まりませんよね。
そういう政権もありましたが。
今回の東京オリンピック・パラリンピックに関する情報も水面下で調整が進んでいました。
ここにきて電通グループの自社ビル売却のニュースもありましたので、いよいよ発表は近いのかなと。
公式な発表があってから、この情報は解禁となるのですが、毎度のごとく日本維新の会がフライングしてしまいました。
立憲民主党の議員が首相の施政方針演説の原稿を事前にSNSにアップしてしまうのと同じことなんですよね。
その予定どおりに進んでしまうと日本維新の会がリードしたような印象を与えてしまいます。
もしかしたら、これが原因で少し発表を遅らせることもあるかなと思っています。
このような印象操作が大事な判断を遅らせてしまう原因にもなります。
このようなことは止めてほしいと思います。

ネットの反応

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です