東京都の感染者、12日ぶり1千人下回る 986人確認|自粛生活が基本の新生活様式

注目のニュース

東京都の感染者、12日ぶり1千人下回る 986人確認
東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者を新たに986人確認したと発表した。感染者が1千人を下回るのは12日(970人)以来で、12日ぶり。「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO〈エクモ〉)を使用」とする都基準の重症者数は、前日と同じ156人だった。
986人を年代別にみると、最多は20代の191人。50代が148人、30代が143人、40代が125人と続いた。65歳以上の高齢者は260人だった。

東京都の感染者、12日ぶり1千人下回る 986人確認(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

インプレッション|諸説あり

緊急事態宣言が再発出された効果が出てきたのでしょうか。
そうだといいですね。
やはり人の流れを止めると効果があるのがこの数値からもわかります。
気が緩んでいると言われていますが、仕方がないと思います。
再発出の直前まで、GoTo推しでしたし。
すべてがGoToが悪いということではありませんが、そういう雰囲気をつくってしまいましたよね。
2月7日までの予定ですが、変異種も市中感染しているようですので、しばらく数値を見極める必要がありそうですね。
そうでないとこれまでの自粛生活が無駄になってしまいますから。
なんだかんだいってほとんどの人は自粛していますよ。
そういった人たちのおかげでここまで改善してきました。
引き続き、数値が減少傾向に向かうといいですね。

ネットの反応

まとめ

新規感染者数の数値については、様々な見方があります。
何が本当のことなのかよくわかりません。
しばらく様子をみていく必要はありそうです。
いずれにしてもこれまでの傾向として人流を減らすことで数値が減ることはわかっています。
協力できる人は自粛生活を引き続き続けるしかないですよね。
まだ自粛する人のほうが多いようですから。
ブレーキとアクセルを躊躇なく使い分ける。
これが新しい生活様式なのかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です