【働き方】会社員はコスパよくても価値がない誰にでもできる仕事|定年退職という烙印|#働き方#会社員

はじめに

仕事にはいろいろありますね。
これまでは、少しでもいい大学を卒業して、いい企業に就職して、高年収で安定した仕事に就く。
これが最も支持されていた価値観でした。
この価値観は時代や背景の変化によって大きく変わります。
なかなか世の中が大きく変化することはないのですが、今回のコロナ禍によってこれまでにない規模の変化が発生しています。
これからの価値のある働き方について考えてみました。

コスパのいい会社員

よく時間を切り売りする働き方は否定されますよね。
資本主義の基本原則は搾取です。
仕事は自分のためではなく資本家のために課せられた苦役でもあるのです。
しかし、その中で一定の成果を出していれば常に一定の報酬が得られるわけです。
時間を切り売りして労働を提供したとしても、月に1回は給料が振り込まれてくるんです。
能力おすべてを発揮してもしなくても。
これはメンタル的にも安定していて、コスパがいいのではないでしょうか。

ポジションによって働き方を変える

会社員のほとんどは事務職。
勤務年数とともにそのスキルも向上します。
その結果、そのスキルみ見合った報酬を得ることができるわけです。
そのスキルが特化しているほど、貴重で高い評価が得られる可能性が高くなります。
そうしたポジションに着くことが第一条件になります。
人事考課制度というのが一般的ですが、評価されないポジションでどんなに成果を出しても評価はされません。
今のポジションがどのような評価をされているのか、よく見極めてそれに見合った成果を出しておくのが市場原理です。
評価されないポジションで結果をだしたところで何も評価されません。
市場原理に従った働き方をしないと最悪モチベーションを失います。

会社員の辛いところ

確かに会社員はコスパのいい働き方です。
安定した給料が入ってきて、ポジションに見合った成果を出していればいいのですから。
しかし、そのスキルに価値はあるのか。
市場で需要のあるスキルなのか。
事務職は直接収益に結び付く働き方ではありません。
よって、そのスキルは社内では価値があったとしても、そのスキル自体に収益性はないんですよね。
これが会社員の怖いところなんです。
何十年働いても事務職である以上、手元に価値のあるスキルは何も残らないんです。
ふとそれに気づく瞬間はいつしか訪れます。

優秀な人ほど価値がない

優秀な人ほど、いい大学に入って、いい企業に就職していきます。
優秀であるがゆえに既定の価値観のレールに乗ってしまうんです。
かつてのように世の中が安定して、一つの価値観が長続きしていた時代はこれで十分でした。
しかし、今はどうでしょうか。
リアルにネット環境が時代の変化を早めてしまっています。
価値観の変化が激しいんです。
企業における事実上の定年は45歳。
有名企業でも45歳以上のリストラはふつうになっています。
やはり価値観の変化による世代の区切りはそこにあるようです。
さて、その時、次の仕事を探すにあたってあなたにはどんなスキルがあるのでしょうか。
ほとんどの人は何もないでんです。
どんなスキルも組織が変わってしまえば、何の価値もありません。

収益に直結するスキル

会社員は所詮会社員でしかないんです。
事務職のスキルで直接収益を発生させることはできません。
大学に行けなかったら手に職を付ける。
そんなふうに言われていました。
過去の話です。
今はその逆です。
市場で価値のあるスキルがなければ、ふつうに会社員になる。
高校卒業までに際立った価値のあるスキルがあれば大学に進学する必要はありません。
スキルがなければ、大学に進学して4年の間にチャンスを探す。
それでも何も見つからなければ、企業に就職して会社員になる。
そんな時代になりました。

手元に何も残らない恐怖

会社員として何十年も働いても結局、手元には何も残りません。
恐ろしいですよ。
何もないから、退職したあと何の価値もない。
誰からも声がかからない。
必要なんですから仕方がありません。
そもそも企業に定年退職するまでいるようではダメなんですよ。
定年退職は価値のない人間であることを証明してしまったようなもんです。
残念ですが。

まとめ

コロナ禍によって時代はさらにスピードを上げて変化しています。
メンバーシップ型の雇用からジョブ型雇用への変化も進んでいます。
リモートワークなんかは事実上のジョブ型雇用です。
社員を事業主化した企業もあります。
そうした流れはコロナ禍が長期化すれば必然と強まってくることが想像できます。
本当の競争はこれからなんでしょうね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です