本を読むと自分が変わるは本当、人間関係が楽に。|圧倒的読書量で豊かな人生を

はじめに

時間があってもなくても本は読んでおくべき。
思慮深さに圧倒的に差が出ます。
それに多様な考え方を理解できる素地が身に着きます。
また、働くようになると教養のあるなしで、大きく印象が異なります。
とにかく本は読んでおこう。

何から読めばいい

何を読めばいいか。
答えは何でもいい。
とにかく読書量を増やすこと。
不思議なことに、一定の読書量に達すると自然と筋の通った考え方を身につけることができるから、本はなんでもいい。
読み込んでいくうちに、次に読みたい本のテーマが決まってくる。

読書量のある人は余裕がある

読書量のある人は余裕が違う。
なぜか。
読書量に応じた引き出しがたくさんあるからだ。
自分と異なる考え方も理解できてしまうのだ。
だからレジリエンスも高い。
そもそもそんな状況にすらならない。
上手く生きていくことができるのである。

教養はステータス

知は力なり。
本をたくさん読んでいる人は基本的に争うことはしません。
それが無意味であり、短期的な利益に価値がないことをよく知っているから。
交渉や営業など人と関わっていると直ぐにわかります。
読書の素養がる人との交渉は、お互いの利益を尊重し双方の利益が最大化できる落としどころに到達することができます。
一方的な利益を取りに来る人は、ほぼ教養がない。

本を読むと自分が変わる

本を読み一定程度の読書量になるといつの間にか変わった自分に築くことがある。
とはいえ人間は環境が変われば、自然と変わるもので、逆に変わらないでいることはできない。
常にその状況に応じた感情に入れ替わることの繰り返しで人間は変わる。
そうです。
どのような感情に入れ替わるのか。
それはどのような感情に振り分けるかという部分に大きく影響してくる。
読書による知識が増えると自分が変わるのは当たり前のことなのかもしれない。

世界が広がる

圧倒的に世界観が広がる。
井の中の蛙。
そうならないためにも。
読書習慣のある地域は治安がいいのも事実です。
学力にも地域差があり、所得にも格差があります。
そういうデータを国が出しています。
読書しているうちに次に酔いたい本が決まる。
この連鎖が広がるほど世界観が広がってきます。

まとめ

知は力なり。
そのとおり。
多様性を理解でき、争いがなくなります。
恥ずかしくない大人になるために、読書量だけはキープしておきましょう。
圧倒的な読書量で余裕のある豊かな人生を。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です