京王プラザホテル、30泊21万円の朝食付きプランを販売 2人利用で実質“1泊3500円”|次はビジネスホテルでリーズナブルなプラン出ないかな

注目のニュース

京王プラザホテル、30泊21万円の朝食付きプランを販売 2人利用で実質“1泊3500円”

京王プラザホテル(東京都新宿区)は、長期滞在向けの特別宿泊プラン「“暮らす”@theHOTEL」を2月17日17時から販売する。16室限定。利用期間は2月22日~5月15日宿泊まで。

価格は「本館スタンダード(23.5平方メートル)」が30連泊21万円(税・サービス料込、以下同)、「本館スーペリア(33.7平方メートル)」が30連泊24万円、「本館デラックス(35.5平方メートル)」が30連泊27万円。このほか7連泊コースがあり、延長料金により延泊も可能。1室2人まで利用でき、1人でも2人でも料金は変わらない。  滞在中は館内レストランで人数分の朝食が提供される他、ソフトドリンク(1泊につき2回まで)、駐車場、会議室、新聞朝刊などのサービスが付く。  あわせて低価格の「ホテル型サービスアパートメント 西新宿 ニューライフスタイル」も販売する。「南館プラザスーペリア(30.1平方メートル)」を利用するプランで、30連泊16万円。同じく2人まで利用でき、朝食やバスアメニティ、会議室の無料サービスはないが、1泊あたり500円のホテルクレジットが提供される。20室限定。どちらも反響によっては室数の増加などを検討するとのこと。

京王プラザホテル、30泊21万円の朝食付きプランを販売 2人利用で実質“1泊3500円”(ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

インプレッション|諸説あり

京王プラザホテルでも

京王プラザホテルも始めましたね。
暮らせるホテル。
帝国ホテルも同じようなサービスを実施しています。

憧れの帝国ホテルに「住める」プランが登場。月額36万円から|あの帝国ホテルがここまでやる!? – life shift blog

流石大手ですね。
やることが違う。
変化しないとダメなんですね。

今しかないサービス

魅力的なサービスです。
ここまでやらないとダメなんですよね。
それにこんなサービス今しかないですよ。
チャンスです。
ぜひ利用してみたいところです。
この先こんなサービスはないですから。

どこにも行けない今だから

テレワークもいいのですが、対応できる仕事も限られています。
コロナ禍でみんなストレス溜まっていますからね。
外食もできないし、旅行もできない。
それなのに毎日、満員の通勤電車に乗って会社に行く。
大変な心理状態ですよね。
メンタル崩壊してしまいますよ。

非日常的な出来事に

だからこんな非日常的な経験ができるサービスは魅力的なのでは。
こんな時だからこそ映えるんですよね。
都心の一等地にあるホテルですからね。
マンネリ化した日常を少し変えることができそうです。

多くのビジネスホテルでも

とはいえ、結構な金額です。
もっと多くのビジネスホテルでもこんなサービス広がらないですかね。
ふつうの会社員でも手が出るくらいの価格で。
毎日が少しでも前向きになれるような楽しみがあってもいいですよね。
また、こんな大変な時にこんなサービスしてくれたホテルには、収束後にもう一度利用したいところです。
お礼の意味も込めて。

ネットの反応

最後に

いつまで続くのか誰にもわかりません。
早く収束してほしいところです。
でも、いい変化もありました。
世の中少しだけどノンビリしてきた。
このくらいが丁度いい。
みんな忙しすぎ。
街中を歩くスピードからして違いますからね。
いい変化は今後も続いてほしいところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です