緊急事態宣言の8府県 感染者減少ペースが鈍化|次の感染の波はヤバイことに

注目のニュース

緊急事態宣言の8府県 感染者減少ペースが鈍化

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が延長された10都府県のうち、愛知と岐阜を除く8都府県で、直近1週間と前週1週間の新規感染者数を比較した「前週比」が上昇していることが、厚生労働省が19日に公表したデータで分かった。新規感染者数は減少傾向ではあるが、減少ペースが鈍化していることがうかがえた。
人口10万人当たりの新規感染者数は、緊急事態宣言が出ている10都府県全てで減少。しかし、新規感染者の前週比を見ると、愛知と岐阜は下降している一方、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、福岡の8都府県で上昇。このうち、東京と福岡を除く6府県は前週発表のデータでは下降が確認されていたが、上昇に転じた。  宣言の対象地域外でも、新規感染者数が26道県で減少したが、前週比では20道県で上昇。うち岩手や福島など11県は「1倍」以上で、前週より感染者数が増加した。  一方、全入院者の病床使用率は、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる50%以上は埼玉、千葉、福岡、沖縄の4県だった。

東京医科大・濱田篤郎(はまだ・あつお)教授の話

緊急事態宣言が出されている10都府県では、人口10万人当たりの新規感染者数は減少傾向にある。東京はステージ3であるものの、そのほかはステージ2以下に改善している。ただ、新規感染者の前週比を見ると、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、京都、兵庫、福岡で上がっており、感染者減少の動きが下げ止まっていることが分かる。10万人当たりの新規感染者数をさらに抑え、10人以下まで持っていきたいところだ。  全入院者の病床使用率は東京や大阪などでステージ3に改善され、逼迫(ひっぱく)が解消されつつある。この流れを保つためにも、国民の感染対策の徹底と行政側の医療提供体制維持の踏ん張りが重要だ。宣言対象外であるのに逼迫が著しかった沖縄は改善が進んでいる。  気になるのは、山梨の感染経路不明の割合が58・8%と依然として高い点だ。ブラジル型変異株の感染も確認されている地域なので、警戒を強めたい。  総合的に見て、新規感染者減少の動きが鈍化しているため、緊急事態宣言の解除は難しいだろう。ワクチン接種が始まる一方、感染力の強い変異株の流行も懸念される中、第3波の完全な沈静化が目下の目標となる。(談)

緊急事態宣言の8府県 感染者減少ペースが鈍化(産経新聞) – Yahoo!ニュース

諸説あり

一気に減った感染者数

新規感染者数が一気に減りましたね。
ここまで急激に減少するのも不思議ですね。
緊急事態宣言の効果があったんでしょうか。
都心部の日常は何も変わっていないように見えます。
何も変わっていないのに。

何も変わらない

通勤電車はいつも満員。
飲食店も賑わっていました。
GoToキャンペーンがそうした雰囲気をつくってしまいましたよね。
感染拡大の直接的な影響を与えたのではなく、そういう雰囲気を助長したのは事実なのかもしれません。

追跡調査をやめた

昨今は濃厚接触者の追跡調査を実施していないそうです。
市中感染の状況においては、濃厚接触者を追跡しても意味がないそうです。
その結果、一気に新規感染者数は減りました。
本当に感染者数が減少しているのであれば、減少傾向は鈍化することはないはず。
しかし、現状は減少傾向が鈍化。
やはり濃厚接触者の追跡をやめた直後、一気に減少したのではないでしょうか。

東京五輪大会前最後の緊急事態宣言

新規感染者数のカウント方法を変えただけで、事実上、状況は何も変わっていないのかもしれません。
水面下で感染者は増加している可能性もゼロではありません。
また、今夏に東京五輪大会を開催するのであれば、その後にPCR検査を強化したほうが都合がいいのかもしれません。

深刻な上昇傾向

このような状況で、新規感染者数が前週比に対して上昇している状況は深刻なのかもしれませんね。
追跡調査をしなくなった濃厚接触者が感染を拡大させている可能性も考えられますよね。
次の感染拡大の波があるとすれば、相当深刻な事態になることは簡単に想像できそうです。

ネットの反応

最後に

新規感染者数の取り扱いについては、いろいろな思惑があって何が本当のことなのかわかりません。
今夏に東京五輪大会が控えていますから、発令中の緊急事態宣言を解除した後、再び発令はできな事情があります。
できるだけ、今の緊急事態宣言を延長して東京五輪大会への影響を最小限にしたい思惑は少なからずありそうです。
すべてが東京五輪大会への影響を最小限にするために後手後手になってきた印象はあります。
また、感染拡大を政治利用しようとする動きも多数あります。
結局どこに向かって進んでいるのかわからない状況ですね。
ここまで来たかといった感じ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です