尾身会長、年内終息見込めず 「冬までは感染広がる」|東京五輪・中止へシフト

注目のニュース

尾身会長、年内終息見込めず 「冬までは感染広がる」

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日の参院予算委員会で、コロナ感染の年内の「終息」は見込めないとの見方を示した。年内に人口の6、7割がワクチン接種を受けると仮定しても「おそらく今年の冬までは感染が広がり、重症者も時々は出る」と述べた。
終息の定義として「さらに1年、あるいはさらにもう1年たち、季節性インフルエンザのように、それほど不安感がなくなれば終息となる」との考えを披露した。  コロナ対策で営業時間短縮要請に応じた事業者向けの協力金に関し、国民民主党舟山康江氏は事業者の規模に応じた支援を求め、菅義偉首相は検討する姿勢を示した。

尾身会長、年内終息見込めず 「冬までは感染広がる」(共同通信) – Yahoo!ニュース

諸説あり

尾身会長の人柄

先日、日本テレビで尾身会長の経歴に関わる番組が放映されていました。
すごい方なんですね。
最初に知っておきたかったですよ。
放送の趣旨はわかりませんが、尾身会長が言うんだったらそれは正しいことだというイメージをつくり出すための番組だったように純粋に思ってしまいました。
どんな目的があるんだろう。
この番組を見た人は尾身会長のファンになってしまいますよ。

インフルエンサーのポジションを獲得

権威性が増したので、発言内容に信憑性が出てくるのではないでしょうか。
インフルエンサーのポジションの獲得に成功しました。
今後は間違いなく発信力が違ってくると思います。
そんな中でのこのニュースとなります。
感染拡大は年内での終息は見込めないと。
そうなんでしょうね。
この状況ではやはりそうなりますよね。

経済がもたない

緊急事態宣言を延長したものの、目に見えない対策ばかりで気が緩むというのとはちょと違う。
そして再び再拡大するのは目に見えているような気がします。
何度も繰り返していては経済がもちません。
体力がもちません。
そもそも、はじめから体力なんてなくて、自転車操業なんですから。
立ち止まったら転ぶ。

職を失った人の再就職

事実上、すでに脱落してしまた人も大勢います。
再就職も難しい状況です。
同じような業種は同様に危機的な状況ですから、これまでとは違う業種に転職するしかありません。
採用する側とのマッチングが上手くはずがありません。
また、失業した女性の4割が再就職先がないとの数値も出ています。
事実上、なんの保証もない緊急事態宣言を繰り返していたら経済は持ちこたえられません。
本気の対策が必要です。
もう、手遅れかもしれないけど。
残念です。

旅行業、観光業、飲食業はまし

でもね、旅行業、、観光業、飲食業なんかはまだいいですよ。
税金を投入してくれているんだから。
それにもかかわらずテレビのインタビューなんかでは、まだ足りないとか言ってますが。
なんの保証もない人が大勢いるのに。
いいように利用されないように気を付けた方がいいのではと心配になてしまいます。
まだ、もらえているだけいいじゃない。
そんな声が聞こえてきそうです。

保障のない人の方が多い

世の中、保障してもらえなくて困っている人の方が多いのに。
むしろそういう人たちが大勢いる中で、わずかでも休業補償をいただいていることに感謝するくらいな鋭いコメントできないんですかね。
でも、そんなコメンはボツなんでしょうけどね。
報道の趣旨に合わないコメントですから。
記者は期待しているコメントが取れないと恫喝してくるくらいですからね。

利用されないように

それにしても取材する側もいいキャラを探すのが上手いですね。
だからもうマスコミもあてにならないし。
それにやっと気づいてきた人も少しは増えてきたみたいです。
いずれにしても、いいように利用されないように気を付けた方がいい。
想像力を働かせて、よく考えて行動していかないと一瞬で人生詰んでしまいますから。

東京五輪大会の中止・延期の機運醸成にシフト

さて、尾身会長の権威性が高まって、このような記事が出てきて徐々に東京五輪大会の開催の可否にシフトしていくと思います。
尾身会長も言うように年内に終息できないのであれば、大会の中止も仕方ないという機運が高まってきます。
また、選手団を派遣できない国や地域が増えてくれば、IOCも大会を開催するわけにはいかなくなります。
国内、国外でこのようなニュースが流れ始めたので、既定路線ではありますが、いよいよ中止・延期の結論が表に出てくる秒読み段階に入ったということにそうです。
森元会長の辞任劇ですら既定路線だったのかと思えてしまいますね。
今後、一気に中止・延期にシフトしていくのは間違いないところだと思います。

ネットの反応

最後に

東京五輪大会の中止の記事が増えてきました。
徐々に世論をつくりあげていく段階に入ってきました。
中止・延期の発表もいよいよ秒読み段階に。
東京だけではなくて、北京、パリも開催できるのでしょうか。
全世界的規模の感染拡大ですから、そんな簡単に終息するとは思えません。
東京五輪大会にけじめをつけたら、忖度なく、躊躇なく終息に向けた対策を実行してほしいところです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です