宣言延長下でも繁華街活況 昼飲み、夜は外で缶ビール 「自粛疲れ」「罪悪感ない」|+なんの補償もない

注目のニュース

宣言延長下でも繁華街活況 昼飲み、夜は外で缶ビール 「自粛疲れ」「罪悪感ない」

緊急事態宣言が再延長期間に入ってから初の金曜日を迎えた12日。
新型コロナウイルス感染者の下げ止まりが懸念される中、東京都内の繁華街は「昼飲み」を楽しむ人たちでにぎわいを見せていた。午後8時以降は都の時短要請に従わず営業を続ける店を探す多くの人でごった返し、屋外で缶ビール片手に飲む人も。酔客からは「自粛疲れで外出は仕方がない」との本音も漏れた。
午後3時ごろ、大衆居酒屋が連なる東京・浅草の「ホッピー通り」では、2~4人ほどで連れ立って歩く客が行き交っていた。近くの飲食店を営む社長(50)は「売り上げは回復し始めているが、客のコロナに対する緊張感は薄れてきている」と複雑そうな声で話した。
上野駅近くの一角では、複数の店が短縮要請に従わずに営業を続けていた。午後8時すぎにはほとんどの店で20人ほどの行列ができており、店員らが「満席のため入れません」と大声で案内。ごみ収集車が通れず、立ち往生する一幕もあった。サウナ帰りの世田谷区の男性(39)は「先週より増えている。自粛に我慢し切れなくなったんだろう。ここにいるのが怖い」と話し、足早に立ち去った。
渋谷でも多くの若者らが行き交い、京王井の頭線渋谷駅近くでは多くの店が閉店した後も路上で缶ビールなどを酌み交わす若者たちの姿が見られた。友人と路上に座り込み、酒を飲んでいたアルバイトの男性(20)=練馬区=は「緊急事態宣言には慣れた。外で飲むのは自己責任だ」と話す。店の外で順番を待っていた都内の私立大に通う男性(22)=世田谷区=は「罪悪感もないし、罰則もないから怖くない。自粛続きの大学生活は限界」と話した。 

宣言延長下でも繁華街活況 昼飲み、夜は外で缶ビール 「自粛疲れ」「罪悪感ない」(時事通信) – Yahoo!ニュース

諸説あり

インタビューに応じる勇者

街頭インタビューで「街の人出」について伺っている光景をよく目にしますね。
インタビューを受ける人は勇気があるなぁと。
それともプロなんですかね。
また、テレビ局もいいキャラをよく探してくるもんです。
インタビューを受けている人は必ず「いつもよりも人出が多くてびっくり」と。
あなたもそのうちの一人なんですけどね。
どの立場でのコメントなんだろうと。
いつも不思議な感じがしています。
おそらく多くの方もそのように思っているのではないでしょうか。

最初から緊張感はない

そもそも緊急事態宣言と言いながらも目に見えた対策がありません。
補償があるのは特定の業種のみで、ほとんどの人にとっては何も補償はありません。
やはり生活がありますから、仕事で毎日通勤電車に乗って会社に行くのは無罪放免といった感じ。
プライベートのみ自粛を要請されているような状況ですよね。
そして毎日満員の通勤電車に乗って通勤していれば、飲食店に飲みに行くくらい関係ないでしょ。
あんな満員電車に毎日乗っても感染しなかったんだから。
今週も無事に感染しなかったという安心感で満たされています。
そんな感情が出てくるのも無理はありません。

会社の飲み会禁止はありがたい

感染に対するストレスは結構大きいですよ。
一方、ほとんどの会社で飲み会は禁止されています。
やはり会社でクラスターが発生した場合、社会的な責任が問われてしまいますからね。
でも会社での飲み会がないというのはありがたい。
時間のムダでしかないですからね。
でも、気心の知れたメンバーでの飲み会は楽しいですよね。
自粛要請中であればなおさらかもしれません。

責任の押しつけあい

緊急事態宣言に伴って何か補償とかあれば義務もあるのですが。
ところが自粛を呼びかけるだけで、「気の緩み」といった言い回しで責任転嫁。
責任を押しつけあっているだけ。
緊急事態宣言の発出ではマウント合戦。
何か違うところに目的があって嫌な感じです。
これで緊張感がないと煽らても困りますよね。
最初から緊張感ないんですから。
お互い様なんですよね。

気の緩みじゃなくて諦めただけ

こんなことがいつまで続くのか。
このままでは収束はしないのもみんなわかっています。
気の緩みではなく、諦めてしまったんです。
もう付き合ってられないんですよね。
やるなら本気でやってくれ。
集中力だってそんなに長く続かないのと同じ。

ネットの反応

最後に

本来、自粛生活って疲れるんでしょうか。
家にいたら体を休めることができます。
自粛で疲れるのではなくて、ただ自由に外出したいだけ。
外出できないストレスで疲れてしまう。
普段、あまり外出しない人でも、外出できるのにしないのとは違うようです。
自粛疲れの正体はストレスみたいですね。
さはさりながら、このままではいつまでも収束しないこともみんなわかっています。
緊急事態宣言で広く補償し、緊張感をもって自粛したほうがいいかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です