大阪・兵庫「第4波」感染倍増の恐れ「英国型」猛威|一般国民は診察すら受けられない

注目のニュース

大阪・兵庫「第4波」感染倍増の恐れ… 「英国型」猛威

大阪府や兵庫県では新型コロナウイルスの感染が再び急拡大し、「第4波」では1日あたりの新規感染者数が「第3波」のピーク時の2倍程度まで膨らむ恐れがあると、複数の専門家が警鐘を鳴らしている。変異したウイルスの広がりで感染が拡大した英国のような状況が起きる懸念があるためだ。病床の拡充など早急な対策強化が求められる。
第3波のピーク時には1日の新規感染者数が大阪府は654人(1月8日)、兵庫県では324人(1月9日)だった。2倍になると、それぞれ1300人程度、600人程度に達することになる。大阪府では感染者が3月30日までの1週間平均で前週比2・2倍と急増しており、府は31日以降も1週間で2倍のペースで増えると、9日に891人になると試算している。
最大の懸念は、従来型より感染力が強いとされる変異ウイルスの広がりだ。厚生労働省によると、累計の感染者数(3月30日時点)は兵庫県が181人で最も多く、大阪府が130人で続く。「英国型」「南アフリカ型」「ブラジル型」などがあるが、両府県では全て「英国型」が占めている。両府県では緊急事態宣言が2月末に前倒しで解除され、若者の行動が活発化したことも影響したとみられる。
東京慈恵会医科大の浦島充佳(みつよし)教授(予防医学)によると、英国では昨年9月に変異ウイルスが出現し、約3か月後、ロンドンを含む地域では感染者の約6割にまで拡大した。それに伴い、一部地域でロックダウン(都市封鎖)を導入したが、感染者は3週間後に2倍以上に増えた。
浦島教授は「日本で英国型が見つかって約3か月たち、大阪や兵庫では感染の主流になりつつあるとみられる。今後、日本でも同様の感染拡大が起きてもおかしくない」と指摘する。関西大の高鳥毛(たかとりげ)敏雄教授(公衆衛生学)も「第3波の1・5倍、最大で2倍程度になることも想定される」との見方を示す。
厚生労働省は各都道府県に、感染者が2倍程度に拡大することを想定して医療体制を見直すよう要請している。国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)は「重点措置の効果が上がらない場合も想定し、次の手を考えておくべきだ」と話している。

大阪・兵庫「第4波」感染倍増の恐れ…「英国型」猛威(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

第3波の2倍に

感染拡大のレベルが違うようです。
第3波の2倍とか。
これが本当だとしたら医療は完全に崩壊するんでしょうね。
第3波でも自宅療養中に急変して死亡に至ったケースが多数ありました。
次は、医師の診断すら受けられないのが普通になると思っておいた方がいいのかもしれません。
ただの風邪では済まなくなってきましたね。

自粛生活が基本に

東京五輪どころではなのではないでしょうか。
来日しないほうがいいかもしれない。そんな場合じゃない?
ホントに。
引き続き、自粛生活が基本に。
もう自粛生活がニューノーマルなんですよ。
収束したって元には戻らないんだから。
いつまでも同じことしていてはダメなんです。
気づいている人のほうが少ないみたいですね。

それでも我慢できない人たち

さて、宣言は解除されましたが、現状はどうでしょうか。
街や観光地は人で賑わっています。
我慢できない人で溢れている状況です。
確実に感染は拡大しているんでしょうね。
感染しに行っているようなものですよ。
収束どころか、みんなで感染拡大を煽っている感じ。
情けないですね。

二週間後は大変なことに

これまでの経験で、約二週間後には結果が出てくることはわかっています。
それでも我慢できない人は、繁華街を出歩いて、呑んで騒いでいます。
その人だけ感染するのであればいいのですが、こういう人たちが感染を広げているんですよね。
困った人たちです。
やっぱり教育って大事なんでしょうね。
残念。

迷惑をかける人は一定数いる

社会に迷惑をかける人って、いつの時代も一定数います。
今回の場合は、人の命に関わることなので、よく考えてほしいところです。
それもできないんでしょうね。
インタビューでも、自粛生活に疲れたからとか。
堂々と答えている強靭なメンタル。
それとも仕込みなんですかね。
テレビに顔出しであんなこと言っていたら、もう社会的な信用を失うことくらいわかっているはずですから。
もしかしたら大した仕事してないんでしょうね。

ネットの反応

最後に

ウイルスには国名などをつけないとWHOが言っていたと思います。
「英国型」「南アフリカ型」「ブラジル型」ってこれはいいの?
どうでもいい疑問ですが。
いずれにしても第4波は大変なことになりそうです。
第3波の2倍を想定していますが、今の人出を考えると2倍で済むのかな?
もっと爆発的に跳ね上がるのかもしれませんよ。
もし、感染しても医師の診断すら受けられないことになることも考えておいた方がいいようです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です