「まん延防止等重点措置」適用、会食はいい加減やめれ|終わらんよ

注目のニュース

「まん延防止等重点措置」適用で損失4000億円… 野村総研エコノミスト試算

野村総合研究所木内登英エグゼクティブ・エコノミストは、今回の東京など3都府県への「まん延防止等重点措置」の適用で約4000億円の個人消費が失われると試算した。すでに適用されている大阪など3府県と合わせると、損失は5540億円に膨らむという。年間の名目国内総生産(GDP)の0・1%に相当する。木内氏は「感染拡大に歯止めがかからない場合は、日本経済が昨春、今年初めに続いて『三番底』に陥る可能性も視野に入ってくる」と指摘している。

「まん延防止等重点措置」適用で損失4000億円…野村総研エコノミスト試算(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

感染拡大は経済的損失

感染症防止対策の基本はやはり人流を止めるしかないようです。
今回のまん延防止等需点措置の影響で経済的な損失が試算されていますが、必要なコストと考えることもできそうですね。
見方を変えれば色々です。

経済的体力のない順で

効果のある対策を講じて、早く結果を出さないと経済も回らなくなってしまいます。
既にかなりの経済的な体力を失った状態ですから。
いずれにしても原因は新型コロナウイルスですから、これをどうにかしない限り、経済は停滞を余儀なくされると誰もが感じているところではないでしょうか。

まん延防止等重点措置って何?

期間と地域は ※2021.4.12現在

緊急事態宣言が解除になって、二週間足らずで今度は新しい「まん延防止等重点措置」が適用になりました。
適用になった地域と期間は次のとおりです。

2021年4月5日~5月5日 大阪、兵庫、宮城

2021年4月12日~5月11日 東京23区、武蔵野市、立川市、八王子市、町田市、調布市、府中市

2021年4月12日~5月5日 京都市、那覇市

どんな内容なの

「まん延防止等重点措置」は、地域を限定して細かく措置を講じるシステムになっていますね。
「緊急事態宣言」との違いはどのようになっているのでしょうか?
刻々と感染状況が変わるのでついていくのが大変ですよね。

「まん延防止等重点措置」とは? 「緊急事態宣言」との違いは

新型コロナウイルス対策の改正特別措置法の施行を前に、政府は、9日の閣議で、新たに設けられた「まん延防止等重点措置」を講じる要件などを定めた政令の改正を決定しました。

新たに設けられた「まん延防止等重点措置」とはどのような措置で、「緊急事態宣言」とはどう違うのでしょうか。

今月13日に施行される新型コロナウイルス対策の改正特別措置法では「まん延防止等重点措置」が新設されます。緊急事態宣言が出されていなくても集中的な対策を可能にするものです。宣言との違いをみてみます。

【対象地域】
緊急事態宣言は、都道府県単位で出されます。
一方、重点措置は、政府が対象とした都道府県の知事が、市区町村など特定の地域を限定することができます。

【適用の目安】
宣言は感染状況が最も深刻な「ステージ4」に相当するかどうかが目安になります。
重点措置は、「ステージ3」が想定されていますが、感染が局地的に、急速に広がっている場合は、「ステージ2」での適用もありえるとしています。

【「まん延防止等重点措置」を講じる要件は】
政府は、9日の閣議で、特別措置法に関係する政令の改正を決定しました。

それによりますと、「まん延防止等重点措置」を講じる要件については、新規陽性者数などの状況を踏まえ
▽都道府県で感染の拡大のおそれがあり
▽医療の提供に支障が生じるおそれがあると認められることと定めています。

都道府県が飲食店などに行うことができる措置

「まん延防止等重点措置」のもとで、都道府県が飲食店などの店舗や施設に対して行うことができる措置としては、
▽従業員への検査受診の勧奨
▽入場者の整理
▽発熱などの症状がある人の入場の禁止
▽入場者へ感染防止のための措置の周知と、それを行わない人の入場禁止などを定めています。

「まん延防止等重点措置」とは? 「緊急事態宣言」との違いは | 新型コロナウイルス | NHKニュース

毎日の通勤・通学電車どうにかなりませんか

緊急事態宣言の都道府県知事バージョンといったところでしょうか。
措置の内容は飲食店が中心のようですね。
毎日の通勤・通学電車もどうにかならないでしょうか。
結構、不安に思っている人は多いはず。
日常生活の中で最も密な状況が発生する場所ですから。
どうにかならないんですかね。

会社にも要請できませんか

会社にもリモートワークや時差出勤、時短など要請してほしいですよ。
車内のアナウンスで労働者に周知したところで、何もできませんから。
最近は、車内で大きな声で会話している人も多く見かけるようになりました。

車内で大声で話す人も

ほとんどの人は仕事が終わって、疲れた体で電車に乗って家路に向かっています。
そんな中、繁華街のある大きな駅では酔っぱらったグループが乗ってきて、車内で大きな声で騒いでいる状況です。
年齢や性別に関係なく、酔っぱらった人は大体同じような行動をしていますよ。

人前で酔っぱらうことは恥ずかしい

気もちは分からないでもないですが、みんな我慢しているんですからみっともないですよね。
それに収束したとしても、自粛が基本は変わらないんですから。
早く慣れて、新しいこと始めましょ。
いつまでも古き良き時代のようではいけませんよ!
もう人前で酔っぱらうこと自体が、かなり恥ずかしいことになっていますから。

*

ネットの反応

最後に

「まん延防止等重点措置」が適用されたばかりですが、4月末日には相当数の新規感染者が発生するのではないでしょうか。
「指数関数的」とよく言われていますが、要は「爆発的」ということです。
変異型ウイルスの感染力は明らかにこれまでとは違います。
これまで子どもや若者の間では感染しない傾向にありましたが、今はどの世代でも感染拡大が発生しています。
引き続き、自粛生活を基本として、できた時間を楽しんでいくのも悪くはないと。
みんな忙しすぎますから。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です