トカラ列島で地震90回超 気象台「今後も続く可能性」 海底地形が影響か、専門家は横ずれ断層型と分析|嫌な予感しかしない

トカラ列島近海で10日、十島村悪石島の震度4など地震が90回以上発生した。福岡管区気象台は「現段階では不明」とする一方、「過去にも数日間にわたって地震が相次いだことがあった。今後も続く可能性がある」とみている。

気象庁によると、トカラ近海では2000年10月2日、29回の地震を観測した。この時は悪石島で震度5強と5弱が計3回発生。地震の規模を示すマグニチュードは最大5.9だった。11年にも多発した時期があり、2月3~7日にかけ、計15回観測した。震度は3~1だった。

トカラ列島には活発な噴火を繰り返す諏訪之瀬島の御岳があるが、今回の地震と火山活動の関係は分からないという。  鹿児島大学南西島弧地震火山観測所の仲谷幸浩特任助教(海域地震学)は、今回の地震を横ずれ断層型とみる。「悪石島付近の海底はくぼんだ地形が帯状に延びており、地震につながっている可能性がある」と指摘した。

十島村役場によると、人や建物の被害は確認されていない。悪石島の住民は約70人で、「揺れ(地震)が続いているが、大丈夫なのか」との問い合わせがあったという。
悪石島小中学校の芝原寛教頭によると、この日は授業のため児童生徒9人が学校にいた。不安がった児童がいたが、揺れは短く、大きな混乱はなかった。児童らに海に近づかないよう注意を促したという。

トカラ列島で地震90回超 気象台「今後も続く可能性」 海底地形が影響か、専門家は横ずれ断層型と分析(南日本新聞) – Yahoo!ニュース

気になる地震が増えていますね。
トカラ列島近海で発生している地震の回数が尋常ではありません。
90回を超えています。

それに、忘れないでとばかりに福島県沖、宮城県沖、茨城県沖、千葉県東方沖、紀伊水道、和歌山県など日本全国で地震が発生しています。

ひとしきり断層地震が一段落すると、次は大きな地滑りのような大地震が発生しそうな感じです。
太平洋側から非常に大きな力が押し寄せてきているようです。

震度4などの地震が90回以上!?
今後も続く可能性があるそうです。

地震酔いしてしまそうですね。
心配です。
精神的にもよくないし…

なんでこんなに揺れるのか?
横ずれ断層型の地震のようですが、やはり太平洋側からの大きな力が働いているのでしょうか。
大きな力に押されて耐えられなくなって地盤が割れる。
そんな感じかもしれません。

地盤が割れることによって、大きな力が解放されているうちはいいかもしれませんが、耐えられなくなって滑りだすと3.11のような大きくて広範囲の地震が起こりそうな感じです。
それにしてもトカラ列島での地震発生回数は異常です。

2ページにわたってトカラ列島近海が記録されています。
そして、忘れないでとばかりに福島県沖、岩手県沖、茨城県沖、千葉県東方沖、宮城県沖、紀伊水道、釧路・網走地方が顔を出しています。
何か大きな力が働いてそうに見えませんか?

3.11より広範囲で地滑り的に大きな地震が発生しそうな感じ。
もう、いつ大きな地震がきてもおかしくない。
そう思っておいた方がいいかもしれません。

いつ発生するのかというより、いつ発生してもおかしくないと思っておいたほうがいいんでしょうね。
個人でできる準備はしっかりしておいた方がよさそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です