尾身氏「コロナは第4波」 まん延防止の迅速な適用求める|また後手後手に

注目のニュース

尾身氏「コロナは第4波」 まん延防止の迅速な適用求める

政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院内閣委員会に出席し、現在の新型コロナの感染状況に関し「いわゆる『第4波』と言って差し支えない」と述べた。「まん延防止等重点措置」の追加適用の是非については「極めて迅速に機動的に出す必要がある時期に来ている」と指摘。西村康稔経済再生担当相は、愛知県は特に感染拡大傾向が強いとして、重点措置を含めた対応が求められるとの警戒感を示した。
尾身氏は感染状況が第4波に当たるかどうかを巡り、これまで「入りつつある」との認識を表明していた。変異株の拡大を踏まえ、一層の危機感を訴えた形だ。

尾身氏「コロナは第4波」 まん延防止の迅速な適用求める(共同通信) – Yahoo!ニュース

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は第4波に突入しました。

というか既に突入していました。

かつての梅雨明け宣言のような感じですね。

大きな影響のある見解ですから慎重になるのも仕方のないところです。

そして、これまでの経験を活かすのであれば、早急に緊急事態宣言をしておくことになるんでしょうね。

後手後手になると、さらに状況は悪化し、緊急事態宣言の期間が長期化することもわかっています。

もう経済も回らなくなります。

本日現在で東京五輪大会まであと100日。

本当に開催するんですか?

すべてが東京五輪大会に対する忖度で、対策が後手後手になってしまっています。

それに加えてマスコミも足を引っ張って八方ふさがりに。

東京五輪大会の中止・延期を決めていればこんなことにならなかったのに。

東京五輪大会は間違いなく感染拡大の原因としてレガシーになります。

非常に残念です。

最後に

どなたの感想ですか?

人の命を大切にしてほしい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です