「消費税ゼロと現金給付を」自民若手議員が提言|うっせぇわ

注目のニュース

「消費税ゼロと現金給付を」自民若手議員が提言
3度目となる緊急事態宣言を踏まえ、自民党の若手議員らが秋からの「消費税ゼロ」や現金給付策を訴え、50兆円規模の補正予算の編成を二階幹事長に申し入れました。
自民党・安藤裕衆議院議員:「これから緊急事態宣言も出るというなかで、改めて、企業あるいは個人に対する給付を拡大するべきだ。10月以降ですね、消費税を当面3年間ゼロにする。合わせて、社会保険料も2分の1にするということを提言しました」
自民党の安藤裕衆議院議員を会長とする30人規模の若手議員がまとめた提言では、経済対策として、企業や個人、自治体に対する支援の拡充を求めました。
具体的には減収分の8割を補填することやコロナ不況を乗り切る消費の喚起策として10月から3年間は「消費税をゼロにするべきだ」と訴えています。
提言を受け取った二階幹事長は、何も発言しなかったということです。
自民党幹部は「どこにそんな財源があるんだ」と冷ややかですが、提言をまとめた一人は「これこそが総選挙の切り札になる」と期待観を示しています。
来週、西村経済再生担当大臣に申し入れを行うことにしています。

「消費税ゼロと現金給付を」自民若手議員が提言(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

消費税を減税しても

消費税の減税は精神的な負担を和らげる効果しかないのかな。
本当に消費税の負担が大きいと実感することってありますか。
普段の買い物で、いちいち消費税を計算してます?
まぁ、10パーセントになったから計算はしやすくなりましたけど。
消費税を意識するのって、大きな買い物をするときくらいではないでしょうか。
普段の買い物で消費税を意識することってないかな。

何も変わらない

消費税を減税したところで、格差問題が解消するわえではないし。
そもそも安定とゆとりがなくなってしまった。
人がモノのように扱われるような状態を解消しないと何も解決しないのでは。
フルタイムで真面目に働いても貧乏。
これじゃね。
誰も生きた心地しないわ。

ふつうに生きていくのも大変

最近は、中間層も転落してしまいました。
当然、消費は控えるようになりますよね。
賃金が低くて、将来が不安で仕方ないんですから。
それに45歳でリストラがふつうになってしまいました。
これじゃ結婚だってしないし、子育てなんてリスクそのもの。
もはやぜいたく品でしかないでしょ。
必要なければ選ばないよ。
毎日、仕事で疲れて何もできないから。
もう、ふつうに生きていくことが難しい。

将来に希望がない

少子化対策で子育て支援する前にやることがあるのに。
子どもが少ないんだから、子育てを支援してもどうかと。
なんかずれてるんだよね。
いろいろ事情はあるんでしょうけど。
どれもこれも残念です。
社会のシステムが独身でいることに最適化されてしまっているから、どうしようもない。
このままでは衰退していくだけですね。
どうしてここまで衰退してしまったのか。
もはや衰退がニューノーマルなのかもしれない。

ネットの反応

最後に

今は、将来に何も期待をしてはいけない。
それよりももっと悪くなると思っていた方がいいかもしれない。
希望を持ってしまうとその分だけ不幸になってしまうから。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です