注目のニュース

IOCバッハ会長「日本国民のへこたれない精神を称賛。五輪も乗り越える」5者協議
東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)、東京都の小池百合子知事(68)、丸川珠代五輪相(50)、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長(44)による5者協議が28日、始まった。感染力が強いとされる変異株の拡大を受け、従来の感染防止策を強化する方針で合意し、当初は今月中に方向性を示すとされていた国内観客の上限については、6月までの決定として先延ばしされる見込み。
冒頭のあいさつで、バッハ会長は、先日のIOC理事会での「緊急事態宣言は五輪と無関係」と話し、反発を呼んだ反省からか「われわれは日本国政府の決定、都が要請された緊急事態宣言を尊重している。日本の国を守ろうという勤勉な精神を非常に称賛している。五輪コミュニティーは日本とともに歩んでいる。日本国民とともに歩み、思いを寄せている」と、日本の状況をおもいやった。  その後、「日本の社会は連帯感をもってしなやかに対応している。大きな称賛をもっている。精神的な粘り強さ。へこたれない精神をもっている。それは歴史が証明している。逆境を乗り越えてきている。五輪も乗り越えることが可能だ。献身的な努力で未曽有のチャレンジをしている」と呼びかけ、「リスクを最小化し、日本国民に安心してもらえる五輪になる」と強調した。

IOCバッハ会長「日本国民のへこたれない精神を称賛。五輪も乗り越える」5者協議(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

なに賞賛してんだか

なんとも困ったもんです。
妙な賞賛はやめてほしいですよ。
ほとんどの人から賞賛されていないのですから。
まるでブラック企業!?

不思議な聖火リレー

聖火リレーなんてどんなテンションで見たらいいのか。
痛すぎます。
地方はいいですよ。
まだね。
会場となる東京の人は逃げられませんから。
ランナーは勇気があると思いますよ。
いろんな意味で。

必ず東京から地方へ

でもね、今までさんざん繰り返してきたように、東京の感染者が地方にも遊びに行きますからね。
地方の人もそれなりの覚悟をしておいた方がいいと思います。
いろんな種類のウイルスが拡散すると。
大会が終わった後の経済的な損失を考えれば、答えは簡単です。

最小限のリスクって何?

「リスクを最小化して開催」らしいですが、最小化ってどういう意味でしょうか?
リスクがゼロではないということです。
大きなリスクであれば最小化したところで意味がないとは思いませんか?
ハイリスク・ハイリターン。
そういうことかもしれません。

マスコミが必死に

最近になって、スポンサーのマスコミも開催に向けて必死みたいです。
本当に中止になってしまっては、自分たちの損失が計り知れないですから。
中止するなら、スパッと中止にしたほうが、経済的な損失は少なくて済むはず。
いつまでも収束しない方が経済的な損失は拡大するばかりですから。

ネットの反応

最後に

ウイルス対策に精神論ですからね。
まるで末期のブラック企業のようです。
これでバッハ会長は間違いなくレガシーになりましたよ。
残念ですが。
妙な賞賛を口にしたところで、共感を得られるとでも思っているあたり空気が読めていないみたいです。
どうしてこんなことになってしまったのか。
みんなが悩まされて、嫌な思いをして。
もうオリンピック・パラリンピックの価値はないのかもしれません。

By fti.k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。