尾身氏「専門家の分析よりやや楽観的」 医療逼迫、政府に苦言|仰るとおりです

注目のニュース

尾身氏「専門家の分析よりやや楽観的」 医療逼迫、政府に苦言

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は25日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、感染力の強い「デルタ株」による感染爆発で医療体制の逼迫(ひっぱく)を招いた政府の対応について「私ども専門家の分析よりは時々やや楽観的な状況分析をされたのではないのか」と苦言を呈した。さらに「学校が始まってくることで、また感染拡大や医療逼迫もあり得る」と述べた。 【承認ワクチン3社】接種間隔や年齢、有効性の違い  尾身氏は今後の状況について「東京都では感染のスピードは鈍化しているが、いつピークアウトするかというのは時期尚早だ」と分析。「医療の逼迫や重症者の数はしばらく大変な状況が続くと思う」と語った。  一方、田村憲久厚労相は、治療に使う抗体カクテル療法について、外来患者に対しても投与を認める方針を明らかにした。抗体カクテル療法は現在、安全に使うため、医療機関や宿泊療養施設で一定期間の経過観察ができる入院患者のみに投与が認められている。感染拡大により自宅療養者が急増しており、田村氏は「外来で使ってもらうことも早急に進めていく」と表明した。【金秀蓮】

フジロック「陽性者なし」発表のウラで、消されていた“帰宅後に感染”参加者のツイート | 週刊女性PRIME (jprime.jp)

ちょっと一言

政府よりも尾身先生についていきたい。
そんな気持ちになっている人、多いんじゃないでしょうか。
自分の言葉で話しているから、言葉の力が違います。
事実上、東京の医療は崩壊してしまいました。
病院に行けずに、自宅で死を迎える現実。
そんな中、学校は夏休みが終わって二学期が始まりますよね。
今、感染したら入院できないんですよね。
恐ろしいことです。
リスクは下がるどころか、増えることになります。
どうしますか?
感染が身近になって、現実的になってきました。
緊張感をもって真剣に取り組んでほしいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です