感染隠して教諭が授業、受けた児童2人も感染 尼崎 経路は不明|学校で起こった傷害事件!?

注目のニュース

感染隠して教諭が授業、受けた児童2人も感染 尼崎 経路は不明

兵庫県尼崎市教委は3日、市立小学校で教諭1人が新型コロナウイルスに感染していることを知りながら出勤し、その後、授業を受けた児童2人の感染が判明したと発表した。児童2人のうち1人は軽症で、もう1人は無症状。3人とも自宅療養中で、感染経路は分かっていない。
市教委によると、教諭は8月25日に38・8度の発熱があり、医療機関を受診。抗原検査の結果、陽性が確定したが学校に報告せず、30日に出勤して担任のクラスで児童33人に授業をした。同日夕、保健所から市教委に連絡があり、感染を隠していたことが判明。市教委は小学校を休校とし、接触のあった児童と教員ら38人を対象にPCR検査(遺伝子検査)をしていた。  教諭は「体調が改善したので、自ら出勤できると判断した」との趣旨の説明をしているという。市教委は6日に保護者会を開き、7日から授業を再開する方針。【中村清雅】

感染隠して教諭が授業、受けた児童2人も感染 尼崎 経路は不明(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

ちょっと一言

普通の大人というか、社会人であればちょっと考えられない事件です。
教員ならではですね。
大学を卒業して、社会人経験もないまま先生に。
特殊な権力構造の中ですから、常識も普通とはかけ離れています。
それが教員ではないでしょうか。
社会の常識が通用しない人が、教育を語れるのか?
お見込みのとおりです。
コロナ禍が続いています。
誰でも感染した場合の対応はわかっているはずです。
感染して体調が改善したから教壇に立つ。
頭おかしいのかなぁ?
これは明らかに傷害罪ですよ。
犯罪です。
しかも学校で事件は発生してしまいました。
海外では銃乱射事件が発生していますが、これはウイルスまき散らし事件ですね。
相応の処分があってしかるべきではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です