緊急事態宣言、首都圏など延長へ 来週半ばにも決定 感染者高止まり|まず自粛から

注目のニュース

緊急事態宣言、首都圏など延長へ 来週半ばにも決定 感染者高止まり

 政府は新型コロナウイルス対策で21都道府県に発令中の緊急事態宣言について、12日までの期限を東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏4都県で延長する調整に入った。岐阜、愛知、三重の東海3県と、京都、大阪、兵庫の関西3府県でも延長を検討する。新規感染者数が依然高止まりの状況で、延長幅は2週間程度とする方向だ。来週半ばに政府対策本部会合を開き、対応を決める。
 宣言の延長幅を2週間で検討するのは、9月中下旬の3連休や祝日などの人流(人の流れ)を抑制する狙いがある。一方、重症病床使用率に改善が見られる茨城、栃木、岡山、広島各県などについては宣言解除を検討している。「まん延防止等重点措置」に移行する案もあり、地元知事の意向や感染状況を考慮して慎重に対応する構えだ。
国の感染指標(2日時点)によると、直近1週間の10万人あたりの新規感染者数は21都道府県すべてで最も深刻なステージ4(感染爆発)相当。東京都は8月下旬から連日、前週を下回り減少傾向にあるが、1日あたりの新規感染者数は依然高い水準だ。
 東京都への宣言について、田村憲久厚生労働相は「500人未満にならないと解除できない」との認識を示している。新学期で学校に戻った児童・生徒の間で感染が拡大する懸念もあり、閣僚の一人は「12日で宣言解除などできない」と断言した。
 ワクチン接種の進捗(しんちょく)により重症化率が下がったことから、政府は宣言解除の目安について、新規感染者数や病床使用率など医療提供体制の状況に加え、自宅療養者数や救急搬送困難件数などを新たに重視する意向だ。【花澤葵】

緊急事態宣言、首都圏など延長へ 来週半ばにも決定 感染者高止まり | 毎日新聞 (mainichi.jp)

ちょっと一言

誰もが仕方ないと思っているはずです。
目に見えるような対策がないですから。

それに一番怖いのは無関心ということではないでしょうか。
対策は要請ベースのお願いですから。

そして、世の中誰もがみんな人のせいにする風潮がありますよね。
これは自己責任の裏返しだと思います。

そうでもしないとメンタル病んでしまいますからね。
自然なことなんでしょうね。
きっと。

みんなが他人ごとで、すべて忖度と責任逃れが判断基準になっているから。
誰も何も決めない。

みんなで決めたことは、みんなで守る。

この大原則が崩壊してしまっています。

SNSなどでは誹謗中傷が問題になっています。
なにもSNSだけではないですよね。

最近のマスコミはひどくないですか?
見出しがクレームみたいになってるし。

国会の質疑は、窓口に来たクレーマーに職員が対応しているような光景ですよ。
品位がなくなってしまいましたね。
残念です。

文句を言うなら、まず、自粛生活を徹底する。
何もしないで、夜な夜な好き勝手に飲み歩いて、休日には外出したり、旅行に行ったり。
文句を言う資格はないんじゃないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です