サントリー新浪社長「45歳定年制」発言で炎上…「ちょっとまずかった」|総論賛成ですね

注目のニュース

サントリー新浪社長「45歳定年制」発言で炎上「ちょっとまずかった」

 サントリーホールディングス(HD)の新浪剛史社長は9日、オンラインで開催された経済同友会の夏季セミナーで「45歳定年制にして、個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」と述べた。
 SNS上などで批判が集まったことから、新浪氏は10日の記者会見で「定年という言葉を使ったのは、ちょっとまずかったかもしれない」と釈明。その上で、「45歳は節目で、自分の人生を考えてみることは重要だ。スタートアップ企業に行こうとか、社会がいろんなオプションを提供できる仕組みを作るべきだ。『首切り』をするということでは全くない」と述べた。
 新浪氏は、政府の経済財政諮問会議の民間議員を務めている。

サントリー新浪社長「45歳定年制」発言で炎上「ちょっとまずかった」(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

ちょっと一言

異論は多々あるようですが、この考え方には賛成です。
立場によって見方はそれぞれです。

経営者だった場合、労働者だった場合。
考え方は大きく異なるでしょう。

この方は経営者ですから、生産性や価値を最大化するのであれば至極まっとうな考え方ではないでしょうか。

平成生まれの約半数が人生100年時代を迎えています。
昭和生まれの方には関係のない話ではありますが…
勘違いしている人多いですよね。

また、現在40代、50代の実力のある人たちにしてみれば、もっと早くやってほしかったと。
そう思っているはずです。

何事もシステムの変わり目は様々な影響がありますよね。

その人生100年時代ですが、一生同じ会社で働き続けるのって、不自然じゃないですか。
同じ仕事して。
そして、なんのスキルも獲得することができず。
こっちのほうがよっぽど怖くないですかね。
人生振り返って何も残らない。

ふつうの人はそれなりの努力をしてますから、大丈夫なんですよね。
そうでない人たちが世間には一定数います。
これが問題なんですよね。

やはり実力のある人は、相応の対価を得るのは当たり前だと思いますけどね。
もっと早く導入してほしかった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です