どうやら要因はワクチン接種でも人流抑制でもない「謎のコロナ急減」を解く3つのカギ|いつも謎だった

注目のニュース

どうやら要因はワクチン接種でも人流抑制でもない「謎のコロナ急減」を解く3つのカギ
東京都では7月後半から新型コロナウイルスの感染が急拡大した。8月前半には多くの人々が、人流を大幅に削減しなければ感染は減少しないと主張した。ロックダウンを求める声もあった。 【グラフ】新規感染者数の予測は?  現実には8月中旬から多くの人流データは増加に転じた、もしくは下げ止まったにもかかわらず、感染は急速に減少した。東京都での1日新規感染者数(7日間平均)は8月19日には4774人であったが、その1カ月後の9月19日には815人、2カ月後の10月19日には52人である。この記事を書いている現在もまだ減少は続いている。
 この急速な感染減少の要因に関してさまざまな推測・仮説が提示されているが、それらの定量的重要性を探った分析はあまり提示されていない。今後さまざまな分析が提示されてくると推測するが、現時点では、10月19日に発表された名古屋工業大学の平田研究室(平田晃正教授)の分析「7~9月における新規陽性者数の増加と減少について」とわれわれが今回公表した分析の2つである。  この論考では、われわれのレポートの要旨を読者の皆様にお届けしたい(別府その他〈2021〉「東京での感染減少の要因:定量分析」)。

どうやら要因はワクチン接種でも人流抑制でもない「謎のコロナ急減」を解く3つのカギ(東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

ちょっと一言

誰にもわからない

いつの時代も感染症の終息の理由はわからない。
そういうものらしいです。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大が始まったころから言われていましたが、取り上げる報道はありませんでした。
スペイン風邪、黒死病などほとんどの感染症の感染拡大の周期は2か月でした。

2か月周期の謎

なぜ、2か月なのか。
これは歴史的にも謎とのことです。
ただし、2か月で収束するのではなくて、何も対策をしていなければ、感染拡大時の感染者数の跳ねあがり方が違うそうです。
でも、2か月で収束する。
これは不思議ですね。

それでも対策は大事

当初、集団免疫療法を採用した国もありましたが、感染者数の増え方は尋常ではありませんでした。
しかし、2か月で収束しました。
そして、2か月周期を繰り返し、いつの間にか本当に終息する。
なぜか?

ウイルスにも生存戦略が

ウイルスにも生存戦略があるとすれば、あまりにも強毒であるとウイルスも人間と共存することはできません。
弱毒化して、無症状化できれば人間と共存することができるわけです。
ウイルスにそういった知能があるのかわかりませんが、戦略としてはありかもしれませんね。
果たして第六波はくるのか?

最後に

毎回、収束すると直ぐに忘れてしまって、あっという間に感染拡大してしました。
だから、収束したとしても慎重に行動する必要はありそうです。