会食人数制限の撤廃了承 コロナ分科会 職場の忘年会も可能に|せっかく無くなったのに

注目のニュース

会食人数制限の撤廃了承 コロナ分科会 職場の忘年会も可能に

政府は16日の有識者会議「新型コロナウイルス感染症対策分科会」で、感染予防のための行動制限の緩和策を示し、了承された。ワクチン・検査パッケージ制度を活用して、緊急事態宣言が発令中でも都道府県の認証を受けた飲食店は、会食人数の制限を撤廃する。19日の政府対策本部で、緩和策を基本的対処方針に盛り込むことを正式決定し、年内の適用を目指す。

会食人数制限の撤廃了承 コロナ分科会 職場の忘年会も可能に(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

ちょっと一言

良いことも、悪いことも

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって世の中が大きく変わりましたよね。
大変なこともありましたが、よかったこともありました。
そして余計な飲み会が無くなりましたよね。
これには大変助かりました。
実はそう持っている人って相当いると思いますよ。

退職まで何回三本締めをするのか

働くようになって間もなくですが、退職するまでに飲み会の最後にやる三本締めを何回するのか?
純粋に嫌気がさしましたね。
気が遠くなりました。
こんなのが楽しい人っているの?
忘年会や新年会なんてのは昭和時代の負の遺産ではないでしょうか。
そんなのんびりした古き良き時代!?だったのかも。
時代の流れの早いこの時代に必要ないですよ。
そんなのやってる場合じゃないし、時間がもったいない…

仕事は職場で十分

仕事はデジタル化され、可視化されています。
仕事自体が属人的でなくなっています。
だから、新人だって過去のファイルを読み漁れば、即戦力としての仕事がこなせます。
別に、今の若者が優れているとかそういうことじゃないんですよね。
パソコンがない時代の仕事は、人から人へ伝えていくものだから、変な飲み会が仕事の延長線上で必要だったのかもしれません。

職場の飲み会はハラスメントの温床

今や職場の飲み会なんて、ハラスメントの温床でしかありません。
せっかく、コロナ禍でなくなったのにね。
残念です。
飲食店もコロナ前と同じような職場の飲み会なんて煽っていると痛い目見ますよ。
なんせ反対派の方が多いんですから。
職場の事実上強制的な飲み会じゃなくて、個人や気の合う仲間で飲みに行きたい人はたくさんいるんですから。
ポストコロナは元には戻らないです。
昔と同じようなことをしていてはダメなんですよね。

まとめ

ということで、まとめです。
職場は仕事をするところ。
お酒を飲むところではありません。
飲みたい人は飲みたい人同士で、仲良く飲みに行ってください。
それでいいんじゃない?