日. 1月 29th, 2023
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

大きな地震から続く余震

茨城県南部で震度5強が発生してから少し時間が経ちました。
茨城、千葉で小さい地震が多発しています。
地震は小さいからいいということでもなく、これは余震かもしれませんね。
3.11の時も大きな地震があって、その後はしばらく地震が治まって、誰もが安心していたところ発生しました。
今、その時の教訓を踏まえて、学者さんたちは日々決断を迫られているのではないでしょうか。
関東大震災の時の前兆は千葉県沖だったそうです。

大きな力が働いている

大きな地震の後遺症で、少しずつ動いているようですが、大きな力が加わっていることには違いありません。
そして歪みが蓄積されていると考えるのが妥当ではないかと思います。
おそらく小さな地震が多発しているということは、大きな力でプレートが歪んで、跳ね返りやすい状況であることは想像できます。
準備は整っているようです。

全ての条件が整った

各地で巨大地震発生の条件は整っています。
むしろ何も起こらないのが不思議なくらいです。
奇跡としか言いようがありません。

最後に

巨大地震が発生すれば、噴火の発生確率も上がります。
何が起こってもおかしくない。
もう、備えをしておくとかというレベルではなく、祈るしかない状況かもしれないですね。
もう、最後は祈るしかないんです。

By fti.k