日. 1月 29th, 2023

注目ニュース

「硫黄のような臭いがする」通報相次ぐ
福岡市消防局によりますと、21日午前7時ごろ、福岡市中央区や南区などを中心に、市内の広い範囲から「硫黄のような臭いがする」などの通報が相次いでいます。 福岡市環境局の大気観測データによりますと、二酸化硫黄の濃度が、通常の数倍から数十倍の数値を観測しています。 また、福岡管区気象台によりますと、九州内や周辺の火山に、顕著な変化はないということです。 ガスの事業者なども、原因を調査しています。

https://jp.reuters.com/article/birth-idJPKBN2SI05A

福岡市で異臭騒ぎとのことです。
場所が場所だけに怖いですね。
恐ろしいです。
以前から、三浦半島、横浜で異臭騒ぎが続いていましたが、結局、何もわかりませんでした。
一方、福岡市の場合、二酸化硫黄の濃度が急上昇しているとのことで成分は判明しているようです。
九州地方は過去にカルデラ噴火を起こしているから、火口がどこにあろうと関係のないレベル感ではないでしょうか。
九州地方全体がヤカンの上にあるような状況ですから、破局的な噴火を想像してしまいます。
九州地方でこのような破局的な噴火があれば、これは日本全体の問題です。
日本だけじゃないですよね。
少なくとも日本は終わります。
これは深刻に受け止めた方が良さそうです。
二酸化硫黄って温泉や噴火口によくある匂いです。
地下で何が起こっているのは間違いないところです。

参考

三浦半島等で発生した異臭騒ぎの記事へのリンク

http://lifeshift.tokyo/?s=異臭

By fti.k