【異常気象】パラダイムシフト・ベーシックインカムとフリーマネーが開く新たな世界

温暖化といわれることが多いですが、地域によっておこる現象は様々なので、気候変動というほうがしっくりしませんか。

気候変動のは季節の働きを強めてしまう効果があって、高温、低温、豪雨など色々な形があります。

なぜ季節の働きを強めてしまうのか。

経済活動により急激に環境に変化を加えたことが影響しています。

異常気象とは、激変した環境の最適化を図るための自然現象。

これまでにない豪雨や自然現象が繰り返されることで、環境の安定が図られる自然のシステムです。

特に季節の変わり目というのは、地球の公転を見れば北半球と南半球が入れ替わっていくタイミング。

一斉に気候が不安定化します。

これまでの傾向を見ていると、夏に向かって気温が上昇するタイミングで、激しい気象現象が現れています。

環境負荷を軽減する取り組みも。

環境のために資源のリサイクルや省エネルギーへの取り組みが強化されています。

これらの取り組みはある程度は効果があります。

資源のリサイクルを推進すると膨大なエネルギーを消費します。

省エネルギーを推進すると膨大な資源を消費します。

いずれにしてもエントロピーは増大します。

これらの取り組みには意味がないということです。

根本的に消費を減らしていく以外に方法はありません。

使い捨ての始まった時代以前の水準に戻す必要があります。

最初の使い捨て「使い捨てライター」以前の水準。

資本主義経済では不可能ということです。

パラダイムシフト。

多くの人が3.11で経験しました。

恐怖に直面することで起こる規範の変化。

世界がフラット化していく中で、資本の価値が変化しつつあります。

これ以上の経済成長は難しい状況です。

誰もがわかっている。

AI化が進む中でBI(ベーシックインカム)の議論が再燃しています。

また、フリーマネーの社会実験も行われています。

実は新たなフレームが見えてきました。

キーワードはBI。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です