【ハロウィン】聖地・渋谷についてまとめてみた|新しい条例による禁止事項

この記事のポイント

今年もハロウィンのシーズンがやってきました。

毎年派手になっていきますが、今年はアルコール販売を自粛するなどの動きがあるようです。

ここでは、ハロウィンを取り巻く状況などについてまとめてみました。

内容

令和元年のハロウィンから聖地・渋谷でのルールが変わりましたので、まとめてみました。

ハロウィンとは

ハロウィン、あるいはハロウィーン: Halloween または Hallowe’en[※ 1][※ 2])とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているのこと。もともとは収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女お化け仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある[1]
キリスト教の祭ではない[※ 3][※ 4][※ 5]。ハロウィンに対しては、本体キリスト教にとっては異教徒の祭りであったことから、キリスト教教会においては、容認から否定まで様々な見解がある(後述)。

ウィキペディア

ハロウィンの聖地 渋谷では飲酒禁止

渋谷区では「渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例」で下記のように飲酒が禁止される地域がありますので、注意が必要です。

渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例

規制される範囲

  • JR渋谷駅の西口一帯
  • ハチ公前広場
  • 渋谷スクランブル交差点
  • 渋谷センター街

規制される期間 ※毎年異なるので要注意

令和元年10月25日(金曜日)~27日(日曜日)、31日(木曜日)18時~翌5時(27日は24時まで)

条例で規制される行為

・音響機器などにより音を異常に大きく出す行為
・放尿などをする行為
・街路灯、標識、屋根などに上る行為
・他人に迷惑を及ぼす行為または、危害を及ぼすおそれのある行為

渋谷区報の情報をご参照ください。

渋谷区報(令和元年10月15日)

ルールを守って楽しいハロウィン

渋谷区のホームページに詳細がありますので正確な情報をご確認ください。

ハロウィーンにおける公共の場での飲酒の禁止にご協力ください。

渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例

10月31日のハロウィーンに向けたお願い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です