東京から再び感染拡大のリスク。世界は東京五輪・延期の雰囲気に。#東京五輪#感染拡大#延期

新型コロナウイルスの感染拡大が再び上昇傾向に。

なかなか減少傾向にはならないようです。

中途半端に自粛を要請したり、公立の小中学校を一斉休校したりでは効果は少ないようです。

欧米のように一斉に社会の流れを一斉にストップする。

徹底的な感染拡大防止の対策を講じなければ意味がありません。

どこか危機意識がありません。

中途半端に学校を一斉休校にしたところで、毎朝、満員の通勤電車は走っています。

時差通勤をしたところで、人ごみがなくなることはありません。

結局、ほとんど何も状況は変わらない。

これでは終息するはずがありません。

2020年5月に10連休の休日がありました。

いっそのこと「(仮称)新型コロナウイルスを終息させるための休日」を14日間くらい設定すればよかったのでは。

子ども、大人も一斉に休めば問題なかったのではないでしょうか。

そもそも学校は託児所ではないんですけれどね。

残念なことに教育の機会を失ったことに対する意見は皆無でした。

また、東京五輪も予定通り開催する方針に変わりはないようです。

全世界から東京に一斉に集まってきます。

ダイアモンド・プリンセス号一隻ですら、大変な状況でした。

空から飛行機、海から大型客船がやってきます。

純粋に心配です。

*

渡航禁止国にも指定されています。

東京の人は逃げることもできません。

怖いことですね。

選手団を派遣しない国や地域もあると思います。

また、選手は感染していないことを前提にしていますが、本当にそうでしょうか。

多くのプロスポーツの大会が延期されています。

最悪、代表選手の感染が発覚して棄権することがあれば、その選手は人生に大きな傷を負ってしまいます。

感染したことに気づかなかったり、感染したことを隠したりして、選手間で感染が拡大してしまう可能性もあります。

競技以外に不安がある中で、平常心でプレーできるかといえば、無理でしょう。

選手は競技におけるプレッシャーには対処できますが、感染するかもしれない不安の中でパフォーマンスを発揮できるか。

東京五輪だけの問題ではなくて、全世界的な問題だと思うのですが。

今はみんなで我慢することが必要なのでは。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です