日. 1月 29th, 2023

東京都内のオフィスで50人規模の職場内感染が発生しました。
もう職場クラスターとかぼかした言い方はしないんですね。
そのほうがいいと思います。
家庭内感染とも言いますしね。
50人規模の感染ということですが、まだ広がりはありそうですね。
そして約半分が無症状とのことです。
こういう職場、ほかにもたくさんあると思いますよ。
たぶんほとんどが無症状だから検査の対象にもならない。
また、そういう人が毎朝、通勤・通学電車に乗っているんです。
そりゃね、もっと感染は拡大しているはずです。
誰にだってわかることです。
発熱、臭覚、味覚の異常があってはじめて検査の対象者になる可能性が出てきます。
無症状の感染者だけの場合は、永遠に検査の対象になることはありません。
もし、会社で集団感染が発生した場合も検査を受けたくない人もいると思います。
例えば、子どもが受験生の場合、もし、検査を受けて陽性になった場合、子どもが受験できなくなることもあるわけです。
人生に関わる深刻な影響が及ぶことになります。
一生懸命受験勉強してきたことがすべて無駄になってしまうわけです。
子どもが感染してしまった場合、受験すらできなくなってしまう。
親としては、死んでも死にきれないですよ。
もうここまできたら、絶対に検査なんかしてほしくないですね。
濃厚接触者であっても検査を受けないで済むようにしてほしいです。
「新型コロナウイルス感染症はただの風邪」
もう東京は手遅れですから、それでいいです。
余計なことしないでください。
迷惑です。

By fti.k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。