10万円給付があるかも。二度目には大きな意味がある。どう使いますか#給付#10万円#十万円の使い道

新しい内閣が誕生して各方面で色々な動きが出てきました。
早くも二度目の10万円給付があるかもしれません。
そういた示唆があったとする情報が流れていますね。

守りに回って半分は貯金に

既に一度10万円の給付がありましたが、最初の10万円は貯金にまわしてしまった人が多いのではないでしょうか。
最初の給付はコロナ禍の真っただ中で、先が心配で消費に回すような気持ち的な余裕はなかったように思います。
おそらく半分は使ったけど、半分は貯金してしまった。
そういう人が多かったかもしれません。

二度目の10万円はパッと使いたい

しかし、二度目の10万円給付については、意味が大きく違ってくると。
何度でも給付があるとすれば、消費に対する期待は大きくなりそうです。
心理的には半分は守りに回って貯金に回ってしまいそうですが、残り半分は安心して使うことができそうです。
今度の10万円給付は大きな効果がありそうではないでしょうか。

経済を回しながら収束させる

たとえ国債発行で対応したとしても、自国通貨で国民の資産になるとすれば、それは借金ではなくなりそうです。
また、相乗効果が発揮されれば、経済はものすごい勢いで回り始めそうです。
消費に対するストレスは潜在的に相当あるはず。
できれば、収束も加速させてほしいところです。
人が動けば感染は拡大します。
でも、10万円給付で人ではなくお金が動き出して経済が回れば、感染は収束に向かう可能性があるのでは。
少なくとも、感染は拡大しないはずですよね。

広くお金が使われることが大事

GoToトラベルよりもこうした10万円給付に特化してほしいと。
旅行だけじゃなくて、人それぞれお金の使い方が違いますから。
そのほうが広く給付金の効果が染み渡るような気がします。
コロナ禍で仕事を失った人が、旅行に行きたいとは思いません。

まとめ

10万円はその人にとって、一番いい使い方ができたほうが効果がありますよね。
今は、二度目の10万円給付の示唆があったとのことですが、期待している人は多いはず。
また給付があるかもしれないと思えば、使いたくなりますよね。
経済が回って、収束に向かう方法は10万円給付はいいと思います。
久しぶりの明るい話題で嬉しいです。
経済は感情で動くらしいですよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。