【デジタル庁】規制緩和でデジタル化が加速。デジタル化で消えていくもの。#デジタル庁#規制緩和#デジタル化

なんかマイナンバーカードの普及に必死ですね。
マイナポイントの普及はどんな状況なんでしょうか。
今の日常生活ではあまり使うことはなさそうな感じです。
そんな頻繁に役所に行くような用事もないです。

はじまったデジタル化

今後は、必要に応じて実施される給付金の受け取りに活路がありそうな気がします。
いつでも給付に係るコストを気にしないで対応できそうです。
一方、コロナ禍もあって学校教育のデジタル化は絶好調です。
タブレットパソコン、ルーターなどデジタル機器の調達も困難な状況のようです。

完璧なシステムは難しい

最近は、銀行口座の脆弱性をつかれた不正な引出しなど様々な事件が発生しています。
ちょっとデジタル化に対するいいイメージってないですよね。
今はそんな雰囲気ではないようです。
でも、システムが完璧ならすばらしいですことなのですが。
セキュリティも技術の進歩と同じように相変わらずいたちごっこです。
量子コンピューターの手にかかれば、どんなセキュリティも歯が立たないそうです。
開発に成功した企業も出てきました。
良いことに使ってほしいですね。

スマホは重要なインフラに

重大な個人情報をスマホに保存するようになります。
スマホはただのガジェットではなくて、重要なインフラを支えるツールになります。
危険なスマホやアプリがたくさんあります。
情報が抜かれてしまう状況をなんとかしないと。
便利なのはいいですが、デジタル化で逆に偽造しやすくないのか心配です。

安全安心なデジタル環境に

一度、流出した個人情報は取り返しがつきません。
まず、安全安心なデジタル環境を整備しないと。
デジタル庁よりもサイバー庁もあっていいのではないでしょうか。
デジタル空間の治安をよくしてほしいです。

悪いのはどっち

マスコミも不正にアクセスされたほうが「悪」といった論調です。
これはおかしくないですか。
不正にアクセスしたほうが「悪」なはずです。
鍵を壊して侵入するコソ泥みたいなもんです。
何をかばっているのでしょうか。
不思議ですね。
そういった環境がすでに危険だったりします。

気づいた人が増えてきた

さすがに気づいてきた人も増えてきましたよ。
このままでは、相手にされなくなるかもしれませんよ。
デジタル庁が行政のデジタル化をしているうちはいいです。
様々なものがデジタル化されていくかもしれないですよ。
インターネットが始まって、だいぶデジタル世代が増えてきました。
紙媒体も減ってきましたよね。
この流れは加速していくんでしょうね。
マスコミも改革が必要ですね。

デジタル化で消えていくもの

無くなる仕事も増えてきそうです。
規制緩和が進むことで、本格的なデジタル化がはじまります。
無くなる仕事もあれば、新しい仕事も出てきそうです。
世の中の激しい変化に対応できないと取り残されてしまいます。
スマホが普及して、消えたガジェットがたくさんありました。
同じようにデジタル化で消える仕事がたくさんあるということです。

まとめ

どんなデジタルワールドになるのか楽しみですが、不安も。
誰よりも早く変化に気づいて、大きな波に乗る。
変化は大きなチャンス。
いつの時代も同じ。
楽しみではあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。