主流は家庭内感染・職場感染の最終段階に。東京には安全な居場所がない!?#家庭内感染#職場感染#GoToトラベル

感染者数の減少傾向が鈍化しているとのことです。
やっぱり人が移動するとウイルスも移動するようです。
やはり新しい生活様式は自粛が基本なのかもしれませんね。

最近の感染傾向は、家庭内感染と職場内感染。
さらっと報道されていますが、どうしたらいいんでしょう。
家も危険、職場も危険。
もう安全な居場所はなくなってしまいました。

家庭や職場で感染が広まって、さらに毎日の会社や学校への往復です。
感染拡大の相乗効果っていうか、ちょっと心配です。
倍々ゲーム状態ですね。
それでも感染者数がそこまで増えていないのは、もしかしたらほとんどが無症状ということかもしれません。

医療崩壊を理由にPCR検査は縮小傾向にあります。
机上計算で、事情を一切考えなければ、PCRの一斉検査しない限り収束させることはできません。
誰でもわかることですが。



また、症状のある場合はPCR検査の対象になるかもしれません。
無症状の人は場合によっては、感染拡大を続けてしまうかもしれませんよ。
そして最終的には、無症状の人だけに。

最近では、連休にもなると行楽地は大勢の人でごった返しています。
あの地獄絵図を見る限り、もうダメだなと。
ふつうはそう思うはずです。

9月のシルバーウィークはどこも大混雑・大渋滞でした。
10月中旬頃の感染者数の状況が気になるところですね。
GoToトラベルに東京も追加されます。
いろいろなGoToキャンペーンが始まります。
収束に向かうとは考えにくいところです。

よくて減少傾向が鈍化する。
鈍化で済めばいいのですが。
無症状の感染者の割合が気になるところです。

まだまだ自粛生活は続きそうです。
これからは自粛生活が基本に。
東京は忙しすぎるので、今くらいの方が人間らしく働けていいかな。
そんな感じです。

人間らしく生活できているうちに、新しい価値観が正しい方向に向かうことができるといいですね。
東京は忙しすぎて、みんな消耗して去っていきます。
まだ、帰る場所があるだけいいですね。
地方移住への憧れはそういうところにあるのかもしれません。
その延長線にリモートワークっていうのがあるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。