ベーシックインカム7万円で世の中大きく変わるかも。地方なら働かなくても。#ベーシックインカム#7万円#竹中平蔵#地方移住

ベーシックインカム月7万円。
AI化と一体で語られることが多かったベーシックインカムですが、ちょっと状況が変わってきましたね。
コロナ禍が大きく状況を変えました。

ベーシックインカムとして月7万円は気持ちの面で非常に大きなゆとりができるのではないでしょうか。
SNSで一部の人が勘違いして、月7万円じゃ生活できないと。
これはちょっと誤解しているかな?

ベーシックインカムだけで生活しろと言っているわけではありません。
足りなければ、その分働いてくださいということです。
やはり労働は基本ですから。

東京では7万円では家賃すら払えません。
これは事実です。
地方に移住して働かずして生活することも選択肢ですね。



少子化も解消に向かうかもしれません。
夫婦と子ども1人の3人で、ベーシックインカムは月に21万円支給されます。
十分じゃないですか。
足りなければ、その分働いて稼げばいいわけです。
これは大きいですよ。

地域のために活動する人も増えるかもしれません。
地方移住する人も増えるかもしれません。

一律に7万円支給するだけですから、役所の審査もなくて新たな負担もありません。
あくまでも全国民に一律に支給することが前提ですが。
複雑な条件を付けてほしくないところです。
所得制限とか。

特に東京で働く人はもう限界を超えていますから。
みんな週末に倒れこむような働き方をしています。
週末はぐったり。
家でゴロゴロ。
そして憂鬱な日曜日の夕方を迎えて、月曜日を迎えます。

生きにくくなりましたよね。
希望がもてず、ふつうに生活するのも大変。
なんとかならないですかね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。