【脱ハンコ】無駄が増えるなら押印しておいた方が効率的。#脱ハンコ#デジタル化

この非常事態のときに、脱ハンコとかデジタル化とか大変ですね。
それどころじゃないのではないでしょうか。
ちょっと心配です。

リモートワークできるテクノロジーが身近になりました。
スマホとパソコンがあれば誰でもできますよね。
問題は、セキュリティの確保と認証。

ハンコ文化はすべての契約において基本となっています。
自社の内部での決裁なんかはシステムを導入してしまえばいいだけの話です。
しかし、契約書など対外的な文書になるとなかなか難しい問題になってきます。

まだ、民間の場合はハードルが低いですが、これが法律的な認証が問われる公的機関になってくると、なかなか難しいですね。
新型コロナウイルス感染症の対応で関係省庁は大変だとお察しいたします。

ただ、重要なのは現状をただデジタルに置き換えればいいというものではありません。
デジタル化することで現状を効率化するシステムを構築しなければ変に仕事を増やすだけで意味がありません。
世の中には、デジタル化によって業務が煩雑になってしまい、仕事を増やしてしまうことが多々あります。

簡単にハンコを廃止して、契約を巡って訴訟が増えなければいいのですが。
無駄な訴訟が増えるようであれば、ハンコを押しておいた方が効率的かもしれません。
脱ハンコで問題が増えてしまっては困りますよね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。