【東京】体に感じる地震が減った。ないと逆に不安に。#首都直下地震#東京

最近、東京では体に感じる地震がありません。
三浦半島で、6月から妙な異臭騒ぎが発生していますが。
地震はないほうがいいのですが、逆に不安になります。

地震があると少しずつでも地震のエネルギーが放出される気がしませんか。
世の中は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大や、豪雨被害などでそれどころではありませんが。

いつからか災害が多い状況が続いています。
安全・安心で快適に暮らすことが難しくなってきました。

東京の新規の感染者数も相変わらず高止まりしています。
最近では、拮抗状況の局面とか。
それって、上昇傾向ということですよね。

まぁ、多くの人が移動しますし、地方からも大勢の観光客を呼び寄せていますから。
収束とは逆の方向に突っ走っているようです。
いつまでも中途半端な状況が続くのが、新しい生活様式なのかもしれません。

首都直下地震、南海トラフなどいつ発生してもおかしくない状況と言われています。
関東大震災の前にも三浦半島で異臭騒ぎがあったそうです。

できることは災害に備えた備蓄などの備えでしょうか。
できることは少ないですが、想像力を働かせて準備しておいた方がよさそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。