正直、就職活動が辛いとか言っているのを聞くと、それは甘えでしょ。
そのくらいにしか思っている人って意外と多いですよ。

古き良き時代とは状況が違うんですよね
今は。

どんなに努力してもダメなときはダメ。
そういう時代なんです。

正直、運がいいか悪いか。
実力よりも運のほうが大きなウェイトになってきていると思います。

確かに、努力したほうが内定をもらえる確率は高いのは事実です。
でも、それは最初の段階だけ。

最終的には、面接の中でどのように自分を見せるか。
そこにかかっている。

同じことでも見せ方が大事になってきます。
ここが上手い人は比較的面接をクリアできます。
自分の見せ方を知っている人っていますよね。

面接する側も、人事の専門家ではありません。
普段は忙しく働いているのですから。
面接する際の簡単な研修を受けて、面接を行います。

だから審査は比較的甘くなるのがふつうです。

しかし、中には審査に妙に自信をもった人もわずかながらにいます。
こういう人に当たってしまうと最悪です。

最初から、できの良いやつは「落とす」と決めているかもしれません。
何かトラウマというか、コンプレックスをもっている面接官はいます。

面接の雰囲気も重たくなります。
必ず詰まってしまうような質問をぶつけてきます。
目的が違うんですよね。

面接本来の趣旨は、相手のいいところを探ることです。
ふつうの面接は、双方向のやりとりの中で人柄を見ます。

この人と一緒に仕事ができるか。
ここが基準になります。

最近は就職するために何年も努力を重ねてきます。

しかし、最終面接などで運が悪いとすべてが一瞬で終わってしまいます。
すべては運です。

それが社会と言ってしまえばそれまでですが、理不尽ですよね。

だから、就職活動が上手くいってない場合、改善は重ねつつも受け続けるしかありません。
すべては運ですから。

自分ではコントロールできないところに課題があるので、努力だけではどうにもなりません。

By fti.k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。