はじめに

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、世の中が大きく変わりました。
働き方もその一つなのかもしれません。
誰もが無駄だと思ってた通勤。
テクノロジーもあったのに導入することはありませんでした。
ところが昨今の感染症拡大に伴って、一気に導入が進みました。
今や企業の価値にもなったリモートワーク。
新たな働き方が始まりました。

この記事のポイント

始まったばかりのリモートワーク。
働き方が大きく変わりました。
このリモートワークが働き方を変えるのは間違いありません。
リモートワークが企業の価値となり、選ばれる基準になるかもしれません。
社外でもできる仕事が炙り出されました。
一見、合理的なリモートワークがどのように働き方を変えていくのか考えてみました。

内容

社外でも可能な仕事はアウトソーシングのターゲットに

リモートワークで対応できる仕事は、事実上、アウトソーシングでもできる仕事になるかもしれません。
電通が社員の一部を個人事業主化しました。
新しいリストラとも言われています。
徹底的な合理化、効率化が求められています。
個人事業主化してしまえば厄介な労務管理もなくなります。
あくまでも成果物さえ納期までに収めてもらうだけです。
どのような方向に進むのか注視する必要がありそうです。

メンバーシップ型雇用の終焉

今までの働き方は、人の経験だったりスキルに依存する傾向が非常に強い状況でした。
すでにオフィスにはパソコンが導入され、多くの業務がシステム化され効率化が図られてきました。
すべての仕事がファイルに記録され、個人のレベルでも業務の可視化が進んできました。
すでに個人の経験やスキルに依存することが少なくなってきました。
新入社員でもすぐにベテランと同じような業務をこなしてしまいます。
業務の可視化やリモートワークがアウトソーシングに馴染む業務を炙り出す結果となりました。
テクノロジーの進歩によって業務が可視化され、混沌とした状況がなくなった状況においては、メンバーシップ型雇用は余計なコストでしかありません。
見えない業務に対応するためのサブスクだったのかもしれません。
今や、ここの業務が可視化され、アウトソーシングしやすい環境が整いました。

個人的な感想

業務が可視化されたことで、効率的にアウトソーシングできるように。
これによりサブスク型のメンバーシップ型雇用は必要なくなりそうです。
1ミリの無駄もなく最小限の経費でこれまでの業務を行うことができるように。
社員を持たないことで、安定した経営ができるようになるわけですよね。

ジョブ型雇用のターゲット

テクノロジーの進歩によって業務が可視化され、リモートワークによってさらに業務が分類されました。
メンバーシップ型雇用のように混沌とした状況では、サブスクとしてこの雇用形態は有効に機能してきました。
しかし、業務が可視化されアウトソーシングできる状況が整った状況においては、個々の業務をアウトソーシングにより処理したほうが、さらに経費的にも有利になります。
また、個人事業主化が進めば、経営者の負担となる労務管理は不要となります。
まだ、どの方向に進むのかわかりませんが、一概にリモートワークを歓迎することは難しい状況ではあります。

個人的な感想

これからは本格的な実力社会に。
実力のない人は市場原理により退場させられてしまいます。
本当に厳しい時代はこれからなのかもしれません。
若い世代は順応性があっていいですが、中高年は生き残り必死です。
大変あ時代が始まります。

リモートワークから個人事業主へ

電通が社員の一部を個人事業主化しました。
この流れは多くの分野で広がる可能性が考えられます。
経営者にとって、社員はリスクでしかありません。
給料以上のスペックの社員ばかりではありません。
変化の早い時代、景気の動向によって企業は臨機応変にリサイズすることが必要です。
非正規労働者が増えたとはいえ、やはり法的に雇用整理をするとなると難しい状況にあります。
2020年は45歳で事実上の定年。
転職できるギリギリの可能性のある45歳がリストラのターゲットとなりました。
この流れは、今後も続くと想定するのが妥当です。
収入源を複数もつパラレルワーク、副業を視野に入れて市場で価値のある働き方にシフトする必要がありそうです。

個人的な感想

市場で価値のあるスキルを戦略的に身につけて、市場で個人の価値を上げる働き方が必要です。
一つの会社でしか通用しないスキルに価値はなくなりました。
終身雇用も無くなった現在、戦略的な取り組みが必要なのかもしれませんね。

ネットの反応

それではネットの反応を見てみましょう。
Twitterでの意見を探してみました。

個人的な感想

45歳でリストラがふつうの世の中に。
不安しかないですよね。
これで少子化がさらに深刻になりそうですね。
やはり必要なのは安定とゆとり。
共働きで生活がやっと。
ただ給料が半分になっただけでは、女性が輝くどころではないですよ。
労働市場に駆り出されたというのが正しい表現になるのではないでしょうか。

まとめ

新型コロナウイルス感染症が時代を一気に進めてしまいました。
働き方も一気に変わりました。
リモートワークの導入と同時に働き方にも変化しました。
メンバーシップ型雇用は仕事量無限大のサブスク。
デジタル化により仕事が可視化されました。
そしてリモートワークにより、ジョブ型雇用によりアウトソーシング可能な仕事を炙り出すことに成功しました。
大きく働き方の枠組みが整ったと考えることができそうです。

By fti.k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。