誰もが感染する新たな日常、身近に迫ってきた感染。#都営大江戸線#変異ウイルス感染#ビジネス往来

はじめに

新型コロナウイルス感染症の第三波。
これまでの第一波、第二波とはスケールが違います。
すでに最初の段階から第二波を超えてしまっています。
これまでの状況とは大きく異なっています。
いよいよ身近なところにも大きな影響が出てきました。
どのような影響が出ているのか。
心配ですよね。

東京都の新たな感染者数の発表は最初949人でしたが、1248人に訂正がありました。
すでに1000人を超えていました。

この記事のポイント

第三波は身近な人が感染するレベル感。
ニュースでは都営大江戸線の運転士15人が感染したとのことです。
それに伴い、通常の7割程度の運行本数になるそうです。
誰もが感染予防対策はしていたはずですから。
これが新しい日常なのかもしれもしれません。
社内で感染拡大が発生した場合は、セルフロックダウンするしかありません。
どのような状況にあるのか調べて見ました。

内容

見えてきた影響

個人的な感想

徐々に感染拡大の影響が見えるようになってきました。
このままではさらに深刻な状況になるのは明らかです。
とにかく原因を解決することです。
原因が変わらなければ、結果も変わりません。

ネットの反応

それではネットの反応を見てみましょう。
Twitterでの意見を探してみました。

個人的な感想

どの人も大変な思いをしています。
困った人に寄り添って、光をあてる。
私利私欲ではなくて、利他の人になる。
稼ぐことは悪いことではないのですが、私利私欲になってしまうのは良くないですね。
そういう人が増えすぎてしまいましたね。

まとめ

このままでは、感染拡大は収束することなくいつまでも続きます。
全国民が感染。
そんな日も考えておいた方がよさそうです。
これが新たな生活様式なんでしょうね。
年末年始に家でゆっくりするのは、日常に疲れ切っているから。
そして、いままで自粛生活していた人が多かった分、爆発的に人出が増えるんでしょうね。
第三波と言われてはいますが、まだ入口かもしれませんよ。
感染拡大はこれから。
最終的には10人に1人の割合で感染するそうですから。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です